PVアクセスランキング にほんブログ村
VENTLAX 2WAYアジャスタブルコット ベントラクス

2WAYアジャスタブルコットのレビュー 【VENTLAX】ギシギシ軋み音がしないコット

2022年4月9日

あおパパ

あおパパ

キャンプ歴6年目。 妻と子供が2人(4歳と1歳)がいます。 デュオ・グループキャンプからスタートも、現在はファミリーキャンプ・ソロキャンプをしています。 メインテントはスノーピークのエルフィールド、サバティカルのモーニンググローリーTC。

VENTLAX(ヴェントラクス)の2wayアジャスタブルコットを紹介しますね!

あおパパ

読みはベントラクスでOK!ベントラックスじゃないよ

ハイスタイルとロースタイルどちらにも使えるアシストレバー付きで組み立てやすいコットです。

VENTLAX 2WAYアジャスタブルコット ベントラクス

これだけ聞くと各社こぞって、2wayでアシストレバー式のコットを商品開発しているのでVENTLAXはどんな特徴があるかよく分からないですよね。

参考までに私の使っているVENTLAXのコットを詳しく紹介していきますね!

性能が似たような製品がある時は好きなメーカー、信頼できそうなメーカー、見た目でビビッときて好きになれそうなものを選ぶといいと思います!

1軍キャンプ道具一式紹介【2022年春】キャンパー歴5年のおすすめギア

VENTLAXのコットの特徴

VENTLAXコットの特徴

  • ハイとローを切り替えられる
  • カラーがオリーブ、ベージュ、ブラック
  • 脚は3箇所で組み立ての手間が少なめ
  • 程よい張りで寝心地がいい
  • 寝返り時もきしみ音がない
あおパパ

他のメーカーだと軋み音が気になるってレビューをみかけることがあるよ

VENTLAXを選んだ理由

ローでもハイでも使えるコットが欲しかったが、2WAYコットが多くある中からVENTLAXを選んだ理由について・迷ったコットと選んだ理由について触れていきます。

迷ったコットと比較

WAQ 2WAYフォールディングコット

VASTLAND 2WAY キャンプコット

似ているポイント

  • アシストレバーで組み立てる構造
  • サイズもほぼ同じ
  • 脚の数も同じ

メーカーVENTLAXWAQVASTLAND
サイズ190×67cm190×67cm190×65cm
高さロー17cm
ハイ37cm
ロー17cm
ハイ37cm
ロー19cm
ハイ39cm
生地素材600Dポリエステル300Dナイロン600Dポリエステル
脚の数(ハイ)12本12本12本
耐荷重150kg150kg150kg
コヨーテ、オリーブ、ブラックタン、オリーブ、ブラックタン、オリーブ、ブラック
重さ3.2kg3.2kg2.8kg
価格14,800円15,800円13,980円
保証期間360日30日返品保証
保証1年間
30日返品保証
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る
コットの比較表
(投稿時現在)
あおパパ

比較表にしてみてほとんど違いがわからない

選んだ理由

選んだ理由

  • VENTLAXの製品がカッコイイから
  • 静音設計だから
  • VENTLAXのインフレーターマットと合わせたかったから

結局VENTLAXを選んだ理由は、VENTLAXの製品がカッコよくて好きなことと静音設計になっていたからです。

あおパパ

カッコイイと思うのは『好み』ってことだよね

あとVENTLAXのインフレーターマットを購入していたからカラーやデザインを合わせたかったというのが大きな理由。

組み合わせてカッコイイ マットとコット


極上の寝心地!VENTLAXインフレーターマット8cmの厚さ【5センチマットと比較】キャンプマット

VENTLAXのロマン枠テーブル【TAKIBI SIDE TABLEレビュー】カスタムも想定?

組立方法

組立方法について紹介していきます。

ポイント

  • セット内容の確認
  • 組み立て方法
  • 女性でも組み立てができるのか?

セット内容・中身の確認

収納袋の中身はこのようなセット内容になっています。

VENTLAXアジャスタブルコット 一式 中身 付属品

ポイント

  • 右下:コット生地
  • 右上:メインフレーム
  • 真ん中下:アシストレバー付き脚部パーツ
  • 左上:ハイ用の脚部延長パーツ
  • 左下:収納袋(左が全体 右が脚部延長パーツだけまとめる用)

組立方法

組立方法

  • 生地を広げる
  • ポールを通してスリーブに入れる
  • 脚部を真ん中を先に3箇所付けてアシストレバーで固定
  • ハイにする時は更に延長パーツを差し込む

広げたコットの生地にメインのポールを通します。

リングを引っ張りながらポールを収納する

ポールを収納するとこんな感じ。脚部パーツを付ける箇所だけポールが露出します。

脚部パーツを組み立てる

↓↓↓この組み立て方は間違えなので気をつけて↓↓↓

間違えた組み立て方

アシストレバーのない方から脚部パーツをメインポールにはめる(真ん中から)

アシストレバーを開いた状態でレバー側をメインポールにはめる

アシストレバーを握ってしめます。ここが1番力がいるポイント。立てた状態で上から体重かけると力の弱い方でも立てやすいですよ。

これを残り2箇所やるとローコットの完成

VENTLAX 2WAYアジャスタブルコット ベントラクス

さらにハイ用の延長脚パーツを脚部パーツに刺していくとハイコットの完成。

女性の組み立てはできるの?

アシストレバー付きの脚部パーツをはめる作業は結構キツめで入れるのに苦労するかもしれません。

あおパパ

レバーを引く時固いため女性はもしかしたら大変かもしれない

そこで握力ない女子代表のあおママ(握力10代女性)に組み立ててもらったところ

あおママ

レバーかたいー無理ー(涙目)

あおパパ

真ん中から付けるんだよ

あおママ

あっ、なんとかできた!

端からやろうとすると大変みたいですけど、説明書通り真ん中から立てて、上から体重かけてやれば女性でも付けられます。

あおママ

楽々という感じではないけど出来るね

組み立てが簡単であること優先ならユニフレームのリラックスコットもおすすめ。

リラックスコットレビュー【ユニフレーム】 簡単設営!寝心地最高!鎌倉天幕とコラボも

メリット

コンパクトさ・組み立てやすさ・寝心地のバランス

コンパクトであり、組み立て動作が多すぎず、それでいて寝心地がいい。と、全体設計のバランスがいいことがメリットだ。

張り感は好みが別れるだろうけど、ピンとはっているタイプで寝やすく寝返りもしやすい

ユニフレームのリラックスコットのようなゆったり感とはまた違っていい寝心地。

広さは半身分だけ寝返りがうてるくらいのスペースがあります。

あおパパ

私は170cm64kg中肉中背です

半身寝返りがうてる広さがあれば十分快適。

静音設計

ヘリノックスコットと類似品のデメリットとして挙げられるのが『軋み音』が気になるという点が挙げられることが多い

その点でVENTLAXは静音設計を謳ってそこに力を入れてコットを製造している。

実際に寝てみるとローでもハイでも地面の上だと全然音が気にならない。

あおパパ

デッキの上など硬い場所だとハイコットだと少し音がするかなくらい。

保証対応から信頼できるメーカー

保証期間は360日間ある。

スペアシートの販売もあるけど、その前に保証対象になるか確認してみてもいい。

保証期間が書いてあるけど、本当に対応してくれるのかな?と思ったり、国外メーカーだとさらに心配になったりすると思う。

VENTLAXは国内メーカーでコミュニケーションも取りやすいのでその点の心配も少ない。

実際に私も保証を受けさせてもらいましたが、対応の良さと迅速すぎて驚きました。

デメリットのところでどんな対応受けたか書いておきます。

ハイコットとローコットの切り替え可能

ハイコットとローコットの切り替えができてどちらのスタイルでも使えるのはメリット。

ローコットのいいところ

  • 設営がより楽
  • テントの端におけてスペースを確保しやすい

ハイコットのいいところ

  • 地面から離れるので地熱(冷気)の影響を受けづらい
  • ベンチとしても座りやすい高さ
あおパパ

2WAYであることは両方のメリットを受けられる

デメリット

縫製不良があることがある?

縫製不良があることがある

デメリットということなのかどうなのかわからないけど縫製不良があることがある。

3回ほど使用したらポールを収めておく、この箇所の縫製がほつれてしまいポールを収納することができなくなった。(ポールが飛び出る)

おそらく1番テンションのかかる場所
あおパパ

縫製不良、初期不良なのかな?

そういうケースもあるというデメリットだが…どこのメーカーでもこの可能性はあるのかなと思う。

あおパパ

老舗キャンプメーカーのチェアの縫製不良も見たことあるので、ありうることと割り切ってます

大事なのはどのような対応をしてくれるのか。

初期不良への対応

何か対策が出来るか問い合わせをすることにした。

TwitterのVENTLAX運営のアカウントねこてんちょーに対策がないか問い合わせた結果、得られた回答は

返答のざっくりとした内容

縫製が甘かったのかもしれない。コット生地を交換させて頂きます。

今使っているコット生地は破棄してもらうか予備に使えたら使ってください。

ということで翌日生地を送ってもらい2日後には手元に新しい生地が届きました。素晴らしい対応を受けました。

あおパパ

これが1年保証手厚いぞ…!

即座に、こちらに負担なく(手続きやら、返品作業やら)、対応してもらえたことに私としては感銘を受けました。

場合によっては返品した方が原因追求のために必要なこともあると思いますが、今回はすぐにコットの生地が届き感動しました。

届いた生地は3~4回使用してるけど、今のところほつれはない。

端に座ることが出来ない

コットの脚は3箇所でそれより外側・両端には脚はない。

そのため端に座わったりすると倒れてしまうので体重をかける場所には注意が必要。

あおパパ

分かっていれば大したデメリットではない

VENTLAXコットまとめ

VENTLAXの2wayコットについて紹介していきました。

VENTLAXの2wayコットはハイとロー両方使い分けることができて、アシストレバーで設営できます。

ピンと張った生地に直接寝てもいいし、VENTLAXのマットを重ねればさらに良い寝心地になります。

他のメーカーとの比較では『静音設計』であり『保証対応が良く好感の持てるメーカー』であることがいいところです。

コット選びの参考になれば幸いです。

Twitterでもキャンプ関係のことつぶやいているのでよかったらフォローお願いします。ブログ更新もツイートしてます。

以上。おわり。

-キャンプ道具, 寝具
-,