ファミリー向けテント 家族で使うキャンプギア

カマボコテント3【DODトンネルテント】多機能すぎる2ルームテント

2021年5月28日

アイキャッチ画像引用元:DOD

「ツールームテントやトンネルテントを買おうか迷っている。」

「DODのカマボコテント3を買おうか迷っているがメリット・デメリットが知りたい。」

2ルームテントやトンネルテントで悩んでいて、カマボコテント3が候補に上がっているんじゃないでしょうか。

そういう方に向けて今回はDODのカマボコテント3を紹介しようと思います。

かまぼこテント
引用元:DOD

2ルームテント・トンネルテントとは

まず2ルームテントとは、寝室とリビングスペースが一体になっているテントやシェルターのこと。またトンネルテントとはアーチ上になったポールが重ならずに並んでトンネル型になっているテント。

2ルームテントのメリット

タープ+テントの2つ設営する必要がない

タープからテントの移動が必要ない

サイドウォール(壁)があり寒い時期の冷気・風から守ってくれる。

デュオキャンプからファミリーやグループキャンプに向く。

DODのカマボコテント3の特徴

サイズは3展開のS・M・Lがあり、カラーバリエーションはタン・カーキ。低価格帯で手が届きやすいトンネルテントでありながら細かい機能が充実している人気の2ルームトンネルテントだ。

今回は5人用のカマボコテント3Mを中心に説明を行います。

あおパパ
あおパパ

人気を博したカマボコテント2と同サイズになるのはカマボコテント3のMサイズだよ。

カマボコテント3Mの概要↓↓

組立サイズ(外寸) (約)W300×D640×H195cm
インナーサイズ (約)W280×D220×H170cm
※インナーテントのドア面がW
収納サイズ (約)W69×D35×H31cm
重量(付属品含む) (約)19.5kg
収容可能人数 大人5名(※寝室スペース)
材質 アウターテント:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
フレーム:アルミ合金
インナーテント壁面:68Dポリエステル
インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
最低耐水圧 アウターテント:3000mm
フロア:5000mm
付属品 ペグ✕28本、ロープ✕16本、キャリーバッグ、テントリペアシート、リペアポール

引用元:DOD
引用元:DOD

図だと5人が寝れているがマット幅70㎝としたときに4枚で280㎝と4人が限界かという印象。

カマボコテント3Mのメリット

メリット

ポケット収納付きインナー付き(Lサイズはインナーは付かずオプション購入)

開口パネルが多数あり、さらにメッシュになる

全面スカート付き。

ポールの長さが全て同じで迷わず設営できる。

安心のDAC社のアルミポールを使用。

手の届きやすい価格

オプションも豊富

あおママ
あおママ

メリットありすぎじゃない?

カマボコテントインナー
 引用元:DOD

Lサイズ以外はインナーテントが標準装備となっている。インナーテントは上の画像のように入り口のサイドにメッシュのポケットがついている。画像のようにペグハンマーなど入れて置くことができる。インナー買い足す必要がなく出費も重ならずこのまま泊まりに行けるのは大きなメリット。

開くことができるパネルが前後に1面ずつ、サイドに3面ずつ、計8面の開口パネルがある。パネルが開くことのメリットは夏の暑さ対策。風通しを良くしてテント内の快適性が増すので夏にも使いやすい。パネルはメッシュにすることができるので虫は入れずに風だけ通せる仕様になってることもメリット。

カマボコテント
 引用元:DOD

夏に活躍するだけでなく、冬には全面スカート付きなので冷気の侵入を防いでくれる。一方、全面スカートでは結露しやすくなるのでチャックを開けるなど換気をしておくことが勧められる。また石油ストーブなど燃焼系の暖房器具の使用する際には一酸化炭素中毒の危険が高まるので十分な換気をした上で使用するか、使用しないように。

設営時にポールの長さが違うとどこにどのポールを刺せばいいかわからなくなることがあるが、カマボコテントはすべてのポールが同じ長さなので迷うことなく設営できる。

ポールはカマボコテント3からDAC社というアルミポールメーカーのポールを採用されている。DAC社はヘリノックスチェアで有名なメーカーであり安心して使えるんじゃないかと思う。

価格はオープンプライスとなっているがカマボコテント3MはDOD STOREにて64,900円と表示されている。他の同規模のトンネル2ルームテントと比べて、機能は十分なのに高くないコスパの高い商品だと思う。

またオプション品も充実しているのでインナーマットやお座敷スタイルにもちょうどいいサイズのものが手に入りやすい。カマボコシアターがあればプロジェクターのスクリーンとして映画鑑賞などもできる。

引用元:DOD
あおパパ
あおパパ

カマボコテントも迷った結果、スノーピークのエルフィールドを購入したけど改めてみるといいなー!

エルフィールドとの比較はこちら↓↓↓

↓↓こちらもおすすめスノーピークのエルフィールド↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

次のページへ >

-ファミリー向けテント, 家族で使うキャンプギア