PVアクセスランキング にほんブログ村

【レビュー】チクチクしない黒い焚き火シート【ZEN Camps】

2022年8月11日

あおパパ

あおパパ

キャンプ歴6年目。 妻と子供が2人(4歳と1歳)がいます。 デュオ・グループキャンプからスタートも、現在はファミリーキャンプ・ソロキャンプをしています。 メインテントはスノーピークのエルフィールド、サバティカルのモーニンググローリーTC。

焚き火シートまでかっこよくしたい人、黒いキャンプ道具で統一したい人、チクチクが気になる人はZEN Camps(ゼンキャンプ)の焚き火シートおすすめです。

ZENcamps黒い焚き火シートブラック

その理由はZENcampsの黒い焚き火シートは焚き火シートには珍しい色はブラックであり、シリコン加工のためチクチクしにくくなっています。

こんな人におすすめ

  • かっこよく決めたい
  • 黒いキャンプ道具で統一したい
  • チクチクが嫌い
あおパパ

キャンプサイトが引きしまるね!

こんな理由からおすすめできるZEN Campsの焚き火シートです。

それでは詳しく紹介していきます。

焚き火シート・スパッタシートの役割

焚き火シート(スパッタシート)の役割は地面に火の粉や炭や薪の破片が落ちたときに燃え広がることを防いでくれます。

あおパパ

延焼防止だね!

ZENcamps黒い焚き火シートブラック

一方、誤った認識としては焚き火の熱を遮断してくれて地面や芝生が焦げないと思っていることがありますが、焚き火シートだけでは焦げます。

焚き火シートだけでは地面への熱を防げないので注意が必要です。

むすこ

焚き火シートしいておけば焦げないと思ってた!

あおパパ

特に焚き火台と地面の近い焚き火台には注意が必要だね

焚き火専用シートブラックシリコン加工モデルの特徴

ZEN Campsの焚き火シートはシリコン加工がしてありチクチクせずにブラックカラーなデザインが特徴です。

通常の焚き火シートはガラス繊維で出来ていて火から地面を守ってくれます。

ただ一般的な焚き火シートはガラス繊維がチクチクとした素材なので気になりやすいです。

また色はベージュやグレーなどが多いです。

焚き火シートはチクチクのデメリットや色特徴の物が多い中、ZEN Campsの焚き火専用シートブラックシリコン加工は差別化しています。

メリット

  • ブラックでサイトの見た目が引き締まる
  • シリコンコーティングで水洗いしやすい
  • 触ってもチクチクしないので扱いやすい
あおパパ

使ってて焚き火シート汚れてくるの気になるから洗いやすいのはメリット!

サイズは2種類展開があります。95×60㎝と50×50㎝の2種類。

幅95㎝のモデルなら、幅40㎝程度の焚き火台を2個並べられるくらいの余裕があります。

焚火の道具や薪を横に置きたいようなら95㎝。コンパクトにしたいなら50㎝のモデルでいいと思います。

95×60㎝50×50㎝
サイズ約95cm×60cm50cm X 50cm
重さ約430g215 g
耐熱温度約550℃約550℃
素材ガラス繊維(シリコンコーティング)ガラス繊維(シリコンコーティング)
ハトメハトメつきハトメつき
価格公式 3,580円(税込み) 公式 2,880円(税込み)
詳細を見る詳細を見る
引用元:ZEN Camps
あおパパ

Amazonや楽天より公式サイトの方が安いので要チェック

ブラックカラーがカッコよくサイトが引き締まる

なんと言ってもブラックカラーはキャンプサイトが引き締まります。

YOKA TIPIティピー

他の焚き火シートではベージュっぽい色が多いですが、他にはない黒色を出していることが1番の魅力かもしれません。

焚き火シートまで見た目にこだわりたい人にはおすすめです。

あおパパ

キャンプサイトの見た目も気にする人は購入しない手はない

シリコンコーティングで水洗いしやすい

焚き火シートにシリコンコーティングがしてあるので水洗いしやすいです。

動画

シリコンのおかげで水を弾いてくれるので、洗っても水が染み込みにくく洗いやすいです。

灰で白っぽくなっても、水で洗えるのでキレイに使えます。

ZEN Camps焚き火シート
ZENcamps黒い焚き火シートブラック

触るとチクチクしないので扱いやすい

チクチクしにくいので触ったときの不快感は少ないです。

その理由はシリコン加工でガラス繊維をコーティングしてあるからです。

むすめ

片付けるときとかチクチクしなくていいね

黒い焚き火専用シートのデメリット

ZEN Campsの黒い焚き火専用シートにもデメリットがあります。

デメリットは高温過ぎるものが長時間乗ってしまうと黒いシリコン加工が溶けてしまうことです。

ZENcamps黒い焚き火シートブラック

焚き火は1000度を超えるとも言われますし熾火も800度前後と言われます。

ZEN Campsの焚き火台の耐熱温度約550℃であり、長時間はコーディング溶けにつながってしまうようです。

熾火が落ちて気づかずにいるとシリコンコーティングが溶けてしまうので注意が必要です。

あおパパ

気づいたらすぐ拾いましょう!

あおママ

少し溶けていたってかっこいいから大丈夫

ZEN Camps焚き火シート

ZEN Campsの黒い専用焚き火シートまとめ

ZEN Campsの黒い焚き火専用シートは焚き火シートまでかっこよくしたい人、黒いキャンプ道具で統一したい人、チクチクが気になる人はZENcampsの焚き火シートおすすめです。

黒いデザインの焚き火シートはめずらしく、シリコンコーティングのおかげで機能面でも優れています。

焚き火シートだけキャンプサイトから浮いてしまうということが少なくなります。

Twitterでもキャンプ関係のことつぶやいているのでよかったらフォローお願いします。ブログ更新もツイートしてます。

参考になれば幸いです。

以上。おわり。

-キャンプ道具, 焚火
-,