FORE WINDS【2021年新発売】イワタニのアウトドアブランド

2021年4月9日

ブログランキング

タップしてもらえると励みになります


ファミリーキャンプランキング

あおパパ

妻と子供が2人(3歳と0歳)がいるキャンパー。 キャンプ歴2017年〜デュオ・グループからスタート。 基本お小遣いから購入するお小遣いキャンパーです。 現在はファミリーキャンプをメインにソロキャンプも始めました。 メインテントはスノーピークのエルフィールド。

アイキャッチ画像引用:FORE WINDS

FORE WINDSって知っていますか?カセットコンロで有名なIwatani(イワタニ)が新たに出したアウトドアブランドなんです。

イワタニは家庭用ガスコンロでも有名であり、アウトドアでも活躍していた。

そんなイワタニが2021年にアウトドアブランドとして発売したのが【FORE WINDS】。

FOREWINDSとその製品についてまとめていきたいと思います。

FORE WINDSとは

FORE WINDS(フォア ウィンズ)は家庭用ガスメーカーIwatani(岩谷産業)のアウトドアブランド。

Iwataniはすでにアウトドア仕様のタフまるやマーベラスなど商品をいくつか出していたが、今回アウトドアブランドとして作り上げた。

IwataniのアウトドアブランドはPRIMUS(プリムス)じゃないのか?と思い調べたところ、イワタニ・プリムスはPRIMUS・NIMO・trangiaなど世界の登山・アウトドア製品を輸入販売する企業だった。

あおパパ

勉強不足でした。

ポイント

  • 家庭用のガス製品を製造販売していて、その中でアウトドア用のものも販売していた。
  • アウトドア特化の製品の輸入・販売もしていた。
  • 今回新たに、アウトドア専用ブランドとしてFOREWINDSを立ち上げたということ。

これはキャンプ好きとしては大歓迎です!!

1番気になるFOLDIND CAMP STOVEを中心にみていきたい。

折りたたみ式のカセットコンロ FOLDING CAMP STOVE

FOLDING CAMP STOVE(フォールディングキャンプストーブ)は折り畳み式のカセットコンロだ。

カセットコンロを折りたたんで持っていくという発想は、最近だとスノーピークのHOME&CAMPバーナーが思い浮かぶ。スノーピークの今日競合商品かなという印象。

どちらも、普通のカセットコンロとポケットに入るくらいの小型ガスバーナーの中間のサイズ感。

ゴトクも付いていて家でも十分使えるし外でも使いやすさを考慮しているよう。

そして組み立てるガジェット感が楽しい!

仕様は下記の通り

最大発熱量2.2kW(1,900kcal/h)

本体重量約1,600g

連続燃焼時間約120分(カセットガス FORE WINDS ノルマル使用時)※1

使用時寸法(幅)317×(奥行)288×(高)120mm

収納時寸法(幅)111×(奥行)285×(高)114mm

使用できる鍋の大きさ目安としてφ24cm以下まで

点火方式圧電点火方式

使用ガスカセットガス FORE WINDS ノルマル、イワタニカセットガス、イワタニカセットガス パワーゴールド

生産国日本

引用元:FOREWINDS

イワタニのカセットコンロの火力は大体2500~3500kcal/hの最大発熱量があるので今回は1900kcal/hとやや低め。

小型携帯用のジュニアコンパクトバーナーでも2300kcal/hなのでやや低めなのかもしれない。

自分は現在イワタニのタフまる(3000kcal/h)を使っているが、通常、煮物・炒め物だとここまで火力いらないかもと思うこともある。また少ない出力の方が連続使用時間が長くなりやすいことも考えられる。

重さに関しては1.6kgとカセットコンロの部類では軽い。実際に店頭でも持ってみたが、苦にならない。

タフまるはケース込みで3.6kgとあり半分以下の設定になっている。ファミリーで軽量化するのには向いているのかなと思う。

収納時のサイズをみるとタフまるのケースは376(幅)×344(奥行)×136(高さ)mmであり、幅が1/3以下であり、奥行きも高さもやや短めである。

使用する調理器具のサイズは直径24cmまでなので確認しておきたい。

折り畳みの工程がスムーズで、①ふたを開け、②本体をスライドし、③脚とごとくを広げる。

組み立てがスムーズにストレスなくできるので、実際に触れてみた時その点が好感を持った。ヒートシールドが標準装備で、しかもヒートシールドの収納もかっこよく、本体の脚に挟めるガジェット感がたまらない。

値段は¥16,500 ( 税抜価格15,000円 )と我が家は即断できないが、持っていたら満足感は高いのかなとも思う。

ヒートシールド付きと言う点でスノーピークのHOME&CAMPバーナーとの直接価格対比はできないかなとも思う。

他のキャンパーが持っていたら少し嫉妬してしまうかもしれない。

おしゃれ一口バーナー LUXE CAMP STOVE

LUXE CAMP STOVE(ラックスキャンプストーブ)

見た目はほぼイワタニのマーベラスかな?という印象

あおママ

これは一緒じゃない?同じ形ね。

マーベラスがイワタニ販売からFOREWINDS販売になり、カラーとロゴが変わったのかな。

マーベラスの時からスタイリッシュな容姿であり、今回は今までなかったブラックカラー、そしてシルバーの2色展開となっており、ロゴ面もかっこいい。

ケース無しで持ち運べ、スタイリッシュな容姿は健在。

最大発熱量3.5kW(3,000kcal/h)

本体重量約2,800g

連続燃焼時間約70 分(カセットガス FORE WINDS ノルマル使用時)※1

使用時寸法(幅)380×(奥行)329×(高)324mm

収納時寸法(幅)380×(奥行)329×(高)110mm

使用できる鍋の大きさ目安としてφ24cm以下まで

点火方式圧電点火方式

使用ガスカセットガス FORE WINDS ノルマル、イワタニカセットガス、イワタニカセットガス パワーゴールド

生産国日本

引用元:FOREWINDS

ケース付き小型CB缶バーナー MICRO CAMP STOVE

MICRO CAMP STOVE(マイクロキャンプストーブ)

小型・軽量の携帯用のCB缶用のバーナー。

CB缶用のバーナーで思い浮かべるのはSOTOのレギュレーターストーブST-310であるが、比べても重さ186gと350g、収納時サイズ(幅)71×(奥行)57×(高)120mmと幅140X奥行70X高さ110mm

重さも収納サイズも小さい。

EVAケース付きであるがヒートシールドはなし。

付属品、サイズ、価格など比較していけば違いはかなりあると思うが、軽量コンパクト+CB缶ガスバーナーを探しているようであれば、有力候補になる。

最大発熱量2.3kW(2,000kcal/h)

本体重量約186g

連続燃焼時間約120 分(カセットガス FORE WINDS ノルマル使用時)※1

使用時寸法(幅)109×(奥行)109×(高)122mm

収納時寸法(幅)71×(奥行)57×(高)120mm

使用できる鍋の大きさ目安として18cmまで(鍋底が16cm以下)

点火方式2アクション圧電点火方式

使用ガスカセットガス FORE WINDS ノルマル、イワタニカセットガス、イワタニカセットガス パワーゴールド、イワタニカセットガス ジュニア

生産国日本

引用元:FOREWINDS

PRODUCT④ MICRO CAMP LANTERN

MICRO CAMP LANTERN(マイクロキャンプランタン)

CB缶用のランタンである。使用時間は450分とかなり長く、17時に初めても24時は回るのでかなり長い時間使えるのはないかと思う。しかもCB缶なのでランニングコストは抑えられるのではないか。EVAケース付き。

照度150ルクス

本体重量約208g

連続燃焼時間約450分(カセットガス FORE WINDS ノルマル使用時)※1

使用時寸法(幅)77×(奥行)92×(高)133mm

収納時寸法(幅)52×(奥行)65×(高)122mm

点火方式2アクション圧電点火方式

使用ガスカセットガス FORE WINDS ノルマル、イワタニカセットガス、イワタニカセットガス パワーゴールド、イワタニカセットガス ジュニア

生産国日本

引用元:FOREWINDS

まとめ

FOREWINDSや製品について調べたり思ったことを挙げたいと思います。

1つは単純にかっこいい。

LUXE CAMP STOVEはブラックカラーに白いロゴが入った姿が単純にかっこよかった。見た目はマーベラスだけど、カラーとロゴでかなりかっこよく仕上がっていた。

子連れで行ったアウトドアショップで拝見したがかなりかっこよかった。

今回ホームページを見ても思ったが、デザインにこだわってアウトドアでもかっこよくて使いたくなるように作られているのかなと思いました。

2つ目はホームぺージで見たら名前が読めない。

FOREが読み方がわからない。LUXEも読めない。自分が無知で読めないだけだけど、製品について知っているけど人にこのブランドも商品名も伝えられないということに陥りました。

お恥ずかしいです。LUXEに関してはラグジュと読むのかリュクスと読むのか悩んでいたら、ラックスでした。お恥ずかしい限りです。

イワタニのネット販売や楽天とかの販売ページではカタカナ表記になっていたので先にそちらをみればよかった。

製品が英語表記してあるホームページはかっこよかったです。これは読めなくして調べさせる作戦なのか。。。いや、私がバカだっただけか。

実績があるメーカーがアウトドアに力をさらに入れていくという感じを受け、これからまだまだ新しい製品が出てくることを楽しみにしています

-キャンプ道具, バーナー, ランタン
-, ,