コンパクトな折りたたみテーブル比較レビュー【ソロキャンプに向き】サイドテーブル6選

2022年3月8日

あおパパ

妻と子供が2人(3歳と1歳)がいるキャンパー。 キャンプ歴2017年〜デュオ・グループからスタート。 基本お小遣いから購入するお小遣いキャンパーです。 現在はファミリーキャンプをメインにソロキャンプも始めました。 メインテントはスノーピークのエルフィールド。

折りたたみできるミニテーブルはソロキャンプ用のテーブル・サイドテーブルとして重宝します。

そんな折りたたみミニテーブルをいくつか比較レビューを行っていきます。

今回紹介する6種のソロテーブル

いくつか購入して、使ってみて、わかってくることもありますので参考にしてもらえたらと思います。

この記事でわかること

  • ソロテーブルの比較から特徴がわかる
  • ソロテーブル選ぶ際にどういう点をみればいいのかわかってくる
  • 組立時間と片付け時間の実測値

※時間の測定は収納袋から出す時間や入れる時間も含めて。袋がないものはその分の時間は含まない。

収納時のサイズの袋の有り無し

ソロキャンプ・サイドテーブルで重宝する折りたたみテーブル

食器などを置くときに重宝するテーブル

キャンプにおいて折りたたみテーブルはお皿、シェラカップやコップなど食器を置いておく時に使用することが多く、特にソロキャンプのテーブルやサイドテーブルで重宝する。

コンパクトなテーブルは動かしやすいこともあり、バーナーを使ってちょっとした調理するときなどにも使えるのでメインテーブルとは別にサイドテーブルを活用しやすい。

ソロキャンプ用テーブル・サイドテーブルの選び方

サイドテーブルを選ぶ時に見るポイントはサイズ(使用時・収納時)、重さ、組み立てやすさ、片付けやすさ、そして価格です。

選ぶポイント

  • サイズ(使用時・収納時)
  • 重さ
  • 組み立てやすさ
  • 片付けやすさ
  • 価格
  • 見た目の好み(重要)

いくつかポイントをあげましたが、何を求めてテーブルを買うか、どこを重視するのかあなた自身が決める必要があります。

あおパパ

軽さが大事なら重量、荷物を減らしたいなら収納サイズ、設営がめんどくさいなら組み立てやすさなど自分のスタイルを重視しよう!

そして重要な事は見た目が自分の好みかどうか手に取ったときにテンションが上がるかどうかこれも非常に重要なキャンプ道具を選ぶ時の基準!!

ミニテーブル6選

スノーピーク オゼンライト

オゼンライトの魅力は全体のバランス感。

スノーピークのオゼンライトは軽さ、収納時サイズ、使用時サイズ、組み立てやすさ、見た目のシンプルさ、どれをとってもバランスの良いテーブルだ。

オゼンライトのサイズ感(A4サイズ)

よく比較に上がるフィールドホッパーと比べると組み立てやすさは劣るが全体のバランス感で言ったら劣っていない。

軽さも収納サイズのコンパクトさも勝っているので持ち運びやすさ・携帯性は軍配が上がり、組み立てにくさも感じないバランス感覚の良いテーブルだ。

あおパパ

私のお気に入りのテーブルNo.1です!

ポイント

  • 重さ:270g(本体のみ)
  • 使用時サイズ:297 × 210 × 85(h)mm(天板A4サイズ)
  • 収納時サイズ:297 × 120 × 25 (h)mm
  • 材質:アルミニウム合金、ステンレス鋼
  • 耐荷重:3kg以内
  • 値段:5720円(税込)
  • Amazon価格:5720円(税込・投稿時)
  • 組み立て時間:約36秒(実測)
  • 片付け時間:約30秒(実測)

SOTO フィールドホッパー

フィールドホッパーの最大の魅力は一瞬で組み立てられる設営の簡単さである。

初めて手に取って組み立てたときの感動はすごい。簡単で一瞬過ぎて驚きと喜びを感じることは間違いなく、買ってよかったと思わせてくれるだろう。

片付けも天板をたたむだけで、脚もしまうことができるので本当に片付けが楽である。

そして組み立て・片付け動作をしてる時がなんともいえない満足感がある。

あおママ

得意げな顔してるよね。

あおパパ

ドヤ顔になるテーブルです

天板の広さも十分にあるので使い勝手も良い。黒カラーやラージサイズ(A3サイズ)も販売されている。

フィールドホッパーのサイズ感(A4サイズ)

設営撤収を素早くしたい人、変形するギアにそそられる人は選びたいテーブル。

ポイント

  • 重さ:約395g(本体のみ)
  • 使用時サイズ:297 × 210 × 78(h)(天板A4サイズ)
  • 収納時サイズ:297 × 110 × 19(h)
  • 耐荷重:3kg
  • 材質: 天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス
  • 値段:5800円(税込)
  • Amazon価格:5220円(税込・投稿時)
  • 組み立て時間:約11秒(実測)
  • 片付け時間:約14秒(実測)
あおパパ

組み立て時間と片付け時間は袋に出し入れする時間がほとんどで、テーブル設営時間はほぼ1秒です。

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

Amazonのテーブル部門のランキングでも上位にある高コスパテーブル。

Amazonでアウトドアテーブルとしてランキング上位にあるが人気の理由としては価格の安さ、使いやすさのバランスが良く初心者が買いやすいテーブルからだと考えられる。

価格の安さと使いやすさからかなりコスパのいいテーブルだ。

今回紹介したテーブルの中では天板が大きめなので、大きめのテーブルが欲しい人にはおすすめです。

アルミロールテーブルのサイズ感

耐荷重があるので重たいものも載せられるのもメリットです。脚も天板も安定感もかなりいい。

あおママ

これはアニメゆるキャン△のリンちゃんが使ってて私も欲しかったんだよね

個人的には収納袋がもう少し小さくて違うカラーならもっとうれしいけどコスパは高い。

アルミロールテーブル専用 ソフト収納カバー 収納ケース(UC-575)

そこでキャプテンスタッグが販売されたアルミロールテーブル用のソフト収納カバー!

ガバガバしないで収納できるし、色もデザインもかっこいいしコンパクトになる…!

あおパパ

ちゃんと解決策を用意してありがとう!鹿番長!

ポイント

  • 重さ: 700g
  • 使用時サイズ:400 × 290 × 120(h)mm
  • 収納時サイズ:70 × 60 × 400mm
  • 耐荷重:30kg
  • 材質:アルミニウム(表面加工:アルマイト)脚部:徹(エポキシ樹脂塗装)
  • 値段: 3850円(税込)
  • Amazon価格: 1545円(税込・投稿時)
  • 組み立て時間:約33秒(実測)
  • 片付け時間:約30秒(実測)

コールマン ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

比較的安価でポップなデザインでかわいいテーブル

耐荷重やサイズの大きさ・高さがあり、他の紹介したテーブルより安定感をもって使える。

その分収納時サイズや重さがあることネック。

ケースが無い分もあるが設営時間が短いこともメリット。

広々使えるのでソロだけじゃなくデュオやファミリーのピクニックなどにも使える。

天板にロック機能があるが、ロック解除を忘れて片付けようとすると破損につながるので、注意が必要。

あおパパ

私は2個壊れてしまっている。

ポイント

  • 重さ:1.4kg
  • 使用時:53 × 40 × 23(h)cm
  • 収納時:40 × 6 × 26.5(h)cm
  • 耐荷重:約10kg
  • 材質:フレーム:アルミニウム 天板:メラミン加工合板
  • 値段:3980円(税込)
  • Amazon価格:2764円(税込・投稿時)
  • 組み立て時間:約12秒(実測)
  • 片付け時間:約14秒(実測)

ワークマン 耐熱アルミテーブル

高コスパで組み立てやすさが優れるテーブル

収納時サイズがコンパクトであり、パーツも1つで迷わずに早く組み立てができる。

価格が安いので初心者にもオススメできる。

あおパパ

コスパ高すぎるテーブルで初めて買う人にも2個目欲しい人にもおすすめできます。

耐熱アルミテーブルのサイズ感

天板の大きさは他のものと比べると小さめではある。

カラーも3種類展開があり好みによって選べるのがまた良い。

ポイント

  • 重さ: 390g
  • 使用時: 352 × 214× 84(h)mm
  • 収納時: 121× 214 × 27(h)mm
  • 耐荷重:約10kg(静荷重)
  • 材質:甲板の表面材:アルミニウム、脚部分:ステンレス、表面加工:アクリル樹脂塗装
  • 値段: 980円(税込)
  • 組み立て時間:約15秒(実測)
  • 片付け時間:約12秒(実測)

セリア 折りたたみテーブル

カスケードワイルドの超軽量折りたたみテーブルのようなポリプロピレン製の折りたたみテーブルがセリアから販売されている。

安くてとにかく荷物を軽くしたいときに使える折りたたみテーブル。

家族で公園に遊びに行くような時にも。

セリア折りたたみテーブルのサイズ感

ウルトラライトや登山などにも使いやすいが風で飛ばされないように注意したいのと火の粉には弱いので穴があかないように注意が必要。

ポイント

  • 使用時サイズ:22.5 × 20 × 8(h)cm
  • 収納時サイズ:30.5 × 9 × 3 (h)cm
  • 耐荷重:2kg
  • 材質:ポリプロピレン
  • 値段:110円(税込)
  • 組み立て時間:約23秒(実測)
  • 片付け時間:約27秒(実測)

元となったんじゃないかと予想されるテーブルはカスケードワイルドのテーブルはアウトドアショップやAmazonなどでも販売されている。

まとめ

コンパクトな折りたたみテーブルは各メーカーがさまざまな特徴のテーブルを出している。

テーブルにはそれぞれ長所があり、選ぶ時にはサイズや重さ、組み立てやすさなど自分が何を重視しているか考えること。

そして自分がどれだけ気に入って使えそうか考えて購入できるといいと思います。

私のお気に入りはスノーピークのオゼンライトとSOTOフィールドホッパーです。

ワークマンの耐熱アルミテーブルにもそそられていてどれかに絞ることができない優柔不断です。

あおパパ

それもそれで気分に合わせて使い分けることもできるのでお気に入りが多いのも楽しいですよ

食事の際やコーヒーを飲むときにお気に入りのテーブルを使えればソトメシが更においしくなるのでしょう。

参考になれば幸いです。

以上 おわり。

-キャンプ情報, キャンプ道具, テーブル
-, , , , , , , , , ,