キャンプ初心者向けの寝袋の選び方【失敗しないシュラフ選び】

2021年5月10日

アドセンス

「寝袋にも種類が多くて選びで悩んでいませんか?」

「シュラフって何を見て選べばいいの?」

私自身もそう思っていました。

「高いもの買えば間違いない。」これはある種正解かもしれませんが、最初から何万という寝袋を買えと言われても困ってしまうかもしれません。

結論から言うと、車移動・大人だけで使う初心者は化学繊維×マミー型×3シーズン用×快適温度-5~5度程度を買うことをオススメします。

初心者には専門用語が多くて『?』マークが浮かんでるかもしれませんね。

そこでこれから用語や理由を説明していきたいと思います。

寝袋とは ~キャンプ・登山・災害時にも使える~

寝袋はキャンプや登山・災害時に使用する携帯用の寝具だ。シュラフとも呼ばれる。

キャンプや登山では、テント等の中で寝ることになるので寝具が必要になる。

寝具と言っても寝袋の役割は体を冷気から守ってくれる掛け布団の役割を果たす。

マットが地面からの熱(冷たさ)や硬さを和らげてくれる敷き布団の役割を果たす。

コットと呼ばれるこちらは、簡易ベッドの役割を果たす。

今回はキャンプでの寝袋の選び方を説明したいと思う。

寒い山では寝袋を甘く見ると凍死するんじゃないかと思われるかもしれないが、キャンプでも自然の中で寝ることになるので甘く見ないようにしてほしい。

あおママ
あおママ

私は低山で安物シュラフを使って寝て一睡もできなかったことがあるよ

あおパパ
あおパパ

本当に生きててよかったよ

↑の記事で妻が失敗した寝袋が書いてあります。

素材 ~化学繊維・ダウン~

寝袋の中身の素材には化学繊維とダウンがある

化学繊維は化繊(かせん)とも呼ばれたりする化学繊維の綿だ。

一方、ダウンは羽毛のことである。

それぞれの特徴を示す。

化学繊維 メリット・デメリット

メリット①:ダウンと比べて値段が安い

メリット②:水に強く洗濯ができる。

デメリット①:ダウンに比べてかさばりやすい。

ダウン メリット・デメリット

メリット①:化繊に比べて圧縮できて小さく収納しやすい

メリット②:ふかふかでやわらかく気持ちがいい

デメリット①:値段が高い。

デメリット②:水に弱く自宅で洗濯できない。

それぞれのメリット・デメリットを見て自分にとって大切なことを優先した方がいい

コンパクトさ・気持ちよさを求めるならダウンの方がいい

一方、コスパを求めるなら化繊の方がいいだろう。

車で移動するキャンパーなら化繊でも収納サイズはそこまで気にならないと思う。

あおパパ
あおパパ

自分は車移動をして化繊でも十分寝れるのでコスパ優先で化繊を使っているよ。

形状 ~マミー型・封筒型・人型~

寝袋の形にはマミー型・封筒型がメジャーな形状だ。人型なんてものもある。

マミー型はミイラの形に似ているからマミー型という。頭まで被れて、首元から冷気が入ってくれるのを防いでくれるので寒い時期にはおすすめ

封筒型は封筒の形みたいに長方形になっている。ゆとりがあって寝袋の中で動きやすい。連結して子供と一緒に入ることができるものも販売されている。子連れキャンプであればこちらでもよい。

人型は人の形になっているシュラフ。人型は着れる寝袋という感じで、着ながら立って移動できる

対応季節 ~夏用・3シーズン用・オールシーズン用~

対応する季節を示す目安として、夏用シュラフ、3シーズン用シュラフ、冬用(4シーズン用・オールシーズン用)シュラフというものがある。

夏用シュラフは言葉の通り、夏の気温に合わせたシュラフ。

場所によっては真夏は暑くて寝袋に入ってられないのでタオルケットだけ持ってくこととあるよ。

3シーズン用シュラフは春・夏・秋3つの季節に対応するシュラフ。

それだけでは冬の寒さには耐えられないが、春秋対応するシュラフとして売っている。

冬用(オールシーズン・4シーズン)シュラフは春秋以外の冬にも対応できるシュラフである。

4シーズンと言うが夏に使えば汗だく間違いない。

季節の気温は地域によって違うので、使用できる温度帯を見ることを勧めたいがこちらも目安になる。

とりあえずの間、冬キャンプは考えていない初心者キャンパーが買うなら3シーズン用をオススメする。

快適温度・使用可能温度

使用する目安の温度はメーカーによって名称が違うことがある。

mont-bell(モンベル)においてはヨーロピアンノーム(EN)13537という基準を採用している。エクストリーム温度、リミット温度、コンフォート温度の3つ記載がある。

「EN13537」は、スリーピングバッグの保温力表示を統一するためにEU諸国で決められた規格です。最近になってスリーピングバッグ・メーカーの多くが採用を決めています。これまでモンベルは試験による保温力データに実際のフィールドでのテスト結果を加え、独自に温度域設定を行ってきましたが、お客さまがより簡単に複数の商品を比較検討できるよう、2014年販売分より「EN13537」による表示を採用することにしました。

モンベル 温度表示

引用元:mont-bell

エクストリーム温度とリミット(限界)温度の間はリスク温度域としてモンベルは推奨していません。リミット温度かコンフォート温度かは代謝が低いか高いか個人に合わせてというところなのでしょう。

NANGA(ナンガ)もヨーロピアンノーム(EN)13537を採用している。

CONFORT

一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域とされています(快適使用温度)。(一般的に女性は男性よりも寒さを感じやすいので約5℃程度高く使用温度を算出しています)

LIMIT

一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間寝られる温度域とされます(下限温度)。これよりも低い温度は、リスクのある温度域となります。

EXTREME

一般的な女性がスリーピングバックの中でひざを抱えるくらい丸くなった状態で6時間までなら耐えられる温度域とされます。体は震えを起こすことで熱をつくりだそうとし、基礎代謝量が増えます。なお、この温度域で使用すると低体温症になる恐れがあり、非常に危険です。

引用元:NANGA

スノーピークは下限温度と快適温度の表記がある。

コールマンは商品によって、快適温度と使用可能温度と使用下限温度がいずれかが表示されている。

どのような温度帯なのか書いてあるが、基本的には快適温度を見た方がいい。キャンプ地の最低気温-5度程度の快適温度を選ぶといいといわれる。

LIMIT温度は”代謝の高い男性が丸まった状態”での測定になるのでそうなるよりは快適温度を参考にしてもいいと思う。

初心者では寝袋で自分が寝袋で暑すぎるのか寒すぎるのかわからないと思う。買ったあとで調整していけばいいと思う。

使用下限温度や限界温度などで寝ても寒さで寝れないってことがある。

各メーカーで出している快適温度が低いければ低いものほど、値段は高い傾向にある。

これをみれば、最低気温何℃のキャンプ場に行くことが多くなりそうか確認出来ればそれに合わせて買うことができる。

新潟の雪深い山地にあるスノーピークヘッドクォーターズのHPでは毎年この時期どれくらいの気温だったか見れるので参考になる。

標高や地域によっても気温は変わるので自分の行くであろうキャンプ地の気温を確認してシュラフ選びをしたいところではある。

2020年4月下旬 最低気温 1.7℃ (平均最低気温 5.3℃)

2020年10月下旬 最低気温 6.9℃ (平均最低気温 11.5℃)

引用元:スノーピークHeadquarters

一方で、シュラフ以外にも防寒対策は打てる。厚着をする、インナーシェラフを使う、湯たんぽやホッカイロを使うなどの寝袋以外でも対策が取れるので寒い時にはそれらを併用したい。

キャンプ地の最低気温-5度位が目安だが、初心者が冬キャンプを考慮しないで選ぶとしたら快適使用温度-5~5度位がいいと思う。

注意点

選ぶ際に身長に関して注意が必要になる。身長が高い人は寝袋が身長に対応しているか確認してから購入したい。

mont-bellではノーマル183㎝まで対応、ロングが190㎝まで対応しているそうだ。身長が高い人は注意して選びたい。

寝袋の性能以外の対策

3 シーズン用を購入したとしてもう少し寒いところへ行くことがあれば様々な対策が取れる。

シュラフ以外の防寒対策

厚着をする…服をたくさん着ていれば当然暖かくなる。

マット…地面からの地熱を遮る。冬じゃなくてもこれは必須。素材にもよるが、同じ素材なら厚みがあるほどその効果が高い。

湯たんぽ…寝袋の中に湯たんぽを入れる。予め入れておくと暖かい寝袋で寝れる。

インナーシュラフ…布団の重ねがけのようなもので、寝袋の中に薄い寝袋を重ねる。

シュラフカバー…シュラフの上にカバーとして利用する。保温効果があると言われる。

ホッカイロ…ホッカイロを貼って寝る。低温火傷に注意したい。繰り返し使えるハクキンカイロもある。ゆるキャン△でなでしこがお姉ちゃんにプレゼントしてた。

コット下に荷物を詰める…コットで寝る場合にはコット下に空気があると寒さを感じやすいので、荷物を詰めて空気を遮断する。マットやブランケットも敷いておきたい。

おすすめ寝袋

モンベル バロウバッグ#3 

 モンベルの化学繊維製の寝袋のバロウバッグ。#のあとの数字が小さければ小さいほど対応温度が小さくなる。#3だと快適温度6度右ジップと左ジップがありそれぞれを購入すると結合することができるもの特徴。スーパースパイラルストレッチ システムで伸縮性がありゆとりもあるのも魅力。快適温度2度の#2でもよいかもしれない。

・総重量:1085g

・収納サイズ:径18×36cm(7.3L)

・表地:40デニール スーパーマルチ

・ナイロン・タフタ

・撥水加工:超耐久撥水加工

・リミット温度:1℃

・コンフォート温度:6℃

メンテナンスが容易で、優れた快適性を実現。保温性と速乾性を併せ持ったモデル。中綿は暖かく速乾性に優れた化学繊維綿のエクセロフト。スーパースパイラルストレッチシステムが抜群の伸縮性で快眠をサポートします。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。右側にジッパーが付くR/ZIPと左側に付くL/ZIPモデルがあり、スリーピングバッグ同士をジョイントすることもできます。コンフォート温度:一般的に代謝が低く、寒さに対する耐性が低い人が、リラックスした体勢で寒さを感じることなく睡眠できるとされる温度。リミット温度:一般的に代謝が高く、寒さに対する耐性が高い人が、寝袋の中で丸まった状態で寒さを感じることなく睡眠がとれる温度です。(対応温度表示はEN13537を採用)

引用元:Amazon

コールマン Coleman(コールマン) コルネットストレッチI

Iこちらのコールマンの寝袋は使用下限温度が0℃のL0と-5度のL-5が販売されている。

使用下限温度0℃-5℃
快適温度5℃以上0℃以上
使用時サイズ約205×55〜82cm約205×67〜84cm
収納時サイズ約ø34×20cm約ø45×25cm
重量約1.3kg約1.6kg
材質表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル 中綿/ポリエステル表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル 中綿/ポリエステル
引用元:Amazon

ナンガ アプローチシンセティックファイバー600

ダウンの寝袋で有名なNANGA(ナンガ)が別注で化学繊維の寝袋を販売している。春夏秋の3シーズン用の化繊綿の寝袋だ。快適温度は5度・下限温度0度。見た目もかっこよくてナンガブランドで1万5000円前後の価格。

生地 : 20dナイロンタフタシレ撥水加工 内部構造 : シングルキルト構造 中綿量 : 600g(ダクロンファイバーフィル) 収納サイズ : 約18cm(直径)×約33cm 総重量 : 約980g 快適使用温度/下限温度 : C5℃/L0℃

快適使用温度が5℃なので、春や秋のキャンプや夏の高所テント泊におすすめ。
中綿には「ダクロン(R)ファイバーフィル」を使用。・ダクロン(R)ファイバーフィルとは:
保温性に優れた中空率の高い中わたで、通気性や耐久性、かさ高性にも優れます。
ストローのように中が空洞になっており、空洞になっている分、軽く、空気を含むので保温力もあります。
低アレルゲンで、洗濯が可能なのでダニの繁殖も抑制、乾きが速い、ホコリがでにくいなど高機能な中綿です。

引用元:Amazon

イスカ アルファライト 700X

イスカの3シーズン用・マミー型の化繊シュラフであるアルファライト700Xだ。仕様目安温度しか記載がないが、Amazonのレビューにも記載があったが”メーカーの説明でいくと快適温度は4度前後”らしい。

■サイズ:最大長 81(肩幅)×203(全長)cm
■収納サイズ:φ19×35cm
■素材:
・生地 表/ポリエステル100%
・生地 裏/ポリエステル100%
・中わた 700g(Micro Lite™)
■重量:平均重量 1360g

使用温度目安 -6度

引用元:Amazon

スノーピーク ミリタリースリーピングバッグ

スノーピークの化学繊維製・マミー型のシュラフだ。快適温度は3度・下限温度-3度の3シーズン用の寝袋だ。

●素材:【表地】70Dナイロンリップストップ 【裏地】70Dナイロンタフタ 【中綿】中空ポリエステル
●使用サイズ:200×75cm
●収納サイズ:φ24×40cm
●重量:2100g
●快適温度:3度
●下限温度:-3度
●バングラデシュ製

引用元:楽天市場

まとめ

3シーズン用のシュラフは使い勝手がいいのでオススメです。防寒対策を他にとれば少し寒い所でも対応できます。必要になった冬用シュラフを購入しましょう。

初期投資としてダウンは金額が高くなるので、最初は化学繊維のものから始め、続けて行く上でさらに欲しくなったら買い足せばいいと思います。

もちろんダウンの方が気持ちよくて、コンパクトになるので、最初から買えるのであればそれは間違えではないと思います。キャンプを続けられなくても災害時や車中泊でも使用できるはできますし。

冬シュラフについても冬キャンプをするようになるようになれば、冬用シュラフを購入すればいいと思います。

こんな理由からキャンプ初心者には化学繊維製・3シーズン用・マミー型シュラフをおすすめします。

以上。おわり。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

アドセンス

-キャンプ道具の選び方, 初心者のキャンプ道具選び